So-net無料ブログ作成

傷害罪で起訴の男性に無罪判決=「立証に合理的疑い」―大阪地裁(時事通信)

 自転車で追い抜きざまにジョギング中の男性をハンマーで殴打したとして、傷害罪に問われた職業不詳の男性(38)=大阪府茨木市=の判決で、大阪地裁(遠藤邦彦裁判長)は25日、「犯人であるかどうかの立証には合理的疑いが残る」として、無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。
 この男性は2008年10月17日未明、同市内の路上で男性の後頭部を背後からハンマーで殴打し、全治1週間のけがを負わせたとして起訴。検察側は「被害者が『犯行直前にすれ違った男が犯人』と供述し、被告と特徴が一致している」と主張していた。
 遠藤裁判長は「目撃時の明るさやすれ違った場所が現場と約1.2キロ離れていることなど問題点がある」と指摘。犯人特定のために使われた顔写真について、警察官と被害者の証言が食い違っていることも取り上げ、「被告が犯人と認定する証拠の信用性を疑わしめる」と述べた。 

<自民党>赤松農相の不信任決議案を提出へ 口蹄疫問題で(毎日新聞)
成田空港の飲食店、禁煙に…分煙5店除き(読売新聞)
皮膚などから肝臓の幹細胞=体外で大量培養可能に―世界初・国立がんセンター(時事通信)
<雑記帳>上海万博に「金色」トイレ…INAX(毎日新聞)
<至学館大硬式野球>男女チーム分割を検討…愛知大学リーグ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。